結婚式映像制作会社のブログ

2016年

3月

26日

友達の想いがハンバ無い!!奇跡を起こした余興〜!感動のビデオレター

友人の気持ちがダイレクトに伝わる余興映像

 

こんな余興映像今まで見たことありません!!!

 

新郎新婦も大変感動して涙していました!


ぜひ、こちらの映像を御覧ください!!

↓↓↓奇跡が起こる動画 1分57秒以降がヤバイ・・・・↓↓↓

余興ムービー 奇跡 アンビリバボー

結婚式の余興で悩んでいませんか〜??

結婚式の余興って、新郎や新婦のために何かしてあげたいけど。。。。

 

社会人になって、余興をやるって大変だと感じていませんか〜?

人前で話すのは苦手 余興何すればいい
仕事が忙しくて時間が無くて困る

・人前で何かやるのは苦手だ!


・仕事が忙しくて時間がない・・

・友達同士で集まる時間がなかなか無い。


 

余興って、結構たいへんだなぁ〜

 

 

でも、結婚式までドンドン時間が無くなってきている。

どうしようって思っている方!!



映像を使って新郎新婦の結婚式を盛り上げませんか〜?

映像を使って余興を行えば

結婚式当日は緊張せず楽しく過ごせます!!

昔は動画を撮影するって、難しかったと思いますが、

今は幸いなことに今はスマフォで綺麗に映像も撮れます。

デジカメでもムービーがとれたりします。

 

余興をどうしようか迷っている方

映像を作って余興を作ってみたらよいかなって思った方
お得な映像制作プランをご用意いたしました。

 

でも、動画の編集が出来ない方はお気軽にご相談下さい。

 

格安でしかも、結婚式直前でも対応致します。


全国対応可能なので、北は北海道、南は沖縄の方もお気軽にご相談下さい。

 

結婚式の余興映像についてこちら

 

 

0 コメント

2015年

12月

12日

2015年10月エンドロール撮影の新郎新婦様よりご紹介いただきました

弊社エンドロールを大変気に入って頂いた新郎新婦様より、ご友人をご紹介していただきました!!

 

 

ご友人もは当日もご参列されていたみたいで、新郎新婦様とのやりとり等撮影風景も実際にご覧いただいた上で弊社エンドロールをご希望頂いたようです^^

 

 

口コミで評価してもらえるなんて、とっても嬉しいですね~!!


 

当日の映像はコチラから↓↓↓




弊社、只今サンプル動画に使用をさせていただける方、そしてアンケートにご協力頂ける方は特別価格でエンドロールの撮影をさせて頂いています。

 

 

特別料金はこちら




来年のご予約も頂いていますので早めにお問い合わせください。

2015年

12月

03日

お遊戯会の撮影

今日は、結婚式の撮影ではなくてお遊戯会の撮影に来ています。

子供さんたちの緊張や親御さんたちの撮ってやるぞ〜っという熱気があり、いつもの撮影とは違う刺激があって楽しみながら撮影できました^ ^

2015年

11月

30日

エンドロール、記録撮影予約状況報告 ※2015年11月30日更新

こんにちは!

エンドロール専門撮影チームFocus-i 加藤です。


最近、よく予約の空き状況のお問い合わせを頂きますので

以下にスケジュールが厳しそうな日程を記載させて頂きます^ー^



●Focsu-i 出動スケジュール


12月・・・・12月19日は予約で一杯です。

       その他の日程はお電話でご相談頂ければ対応可能です。


1月・・・・予約に空きあります。どの日程でも対応可能です。


2月・・・・予約に空きあります。どの日程でも対応可能です。


3月・・・・少しづつ予約を頂いています。

        まだまだ先ですがお早めに予約をお願い致します。


4月・・・・予約が入ってきています。

        既に4月23日は予約がいっぱいになりそうです。


●生い立ちムービー、余興の編集状況


10月、11月前半は余興の撮影などもあり編集もバタバタしていました。

余興の編集を1週間後までにという依頼もありましたが

頑張って仕上げて喜んで頂きました。


現在は、余興、生い立ちムービーの編集も随時受付可能です。


●NEWS


只今、エンドロールをお申し込み頂いた方に

特別価格で提供できるオープニングムービーの制作を

行っています。


楽しみにお待ち下さい^ー^

0 コメント

2015年

11月

25日

愛知県 名古屋市 ガーデンパレス名古屋 Taylor Swift/ We Are Never Ever Getting Back Together 

エンドロール撮影にいってまいりました~


最近ホテル挙式のお客様からの問い合わせが増えてますね~今回の製作事例もホテルさんです。


テラスハウスの曲ですね~

0 コメント

2015年

11月

22日

早くも2016年の撮影の予約を頂いています!

こんにちは!
Focus-i 加藤です。

本日も2件お問い合わせを頂きました!


なんと、1件は来年の春の撮影です。
早めに予約を頂ける方の傾向として

エンドロールにこだわりがあるという方が多いと思います!


事前にしっかりと打ち合わせができるので
お客様の要望どおりのものが作成できて

非常に喜んでもらっています!

もう一件の問い合わせは

岐阜県で余興の撮影をして欲しいという業者様からの

依頼でした。


2週間後のお話でしたがスケジュールが

空いていたので撮影をお受けすることにしました!



披露宴の余興は友人の方が本当頭を捻って、捻って

想いを込めて行うので本当に見ているとジーーンと来る時が多々あります。



結婚式の撮影でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。


実は今、ホームページもリニューアルをどんどんしていっています。

もっと皆さんに分かりやすいものを提供できればと思います。


楽しみに待っていて下さい^ー^

0 コメント

2015年

11月

21日

愛知県 名古屋市 メルパルク名古屋 エンドロール 君ナミダ/deep

こんにちわ!!


先日いってまいりました、ホテルさんでのエンドロール製作事例です。



ホテルさんだと、他の式場さんよりプロジェクターのスクリーンが大きいためエンドロールの迫力が凄い・・・!!


音響の設備も整っておりまるで映画を観ているようでした・・・が、やっぱり使用料は高いみたいですね汗


使用料+式場様専属の撮影業者だと結構なお値段するようで、今後ホテルさんで挙式予定のお客様からもご相談いただいてますよ~

0 コメント

2015年

11月

16日

余興の撮影にいってきました~

先日、余興の撮影に行ってまいりました!


結婚式シーズンですので、エンドロール撮影に並んで余興の撮影・編集の依頼が増えてきています。結婚式に参加する度余興を頼まれるけど・・・そろそろネタ切れって方もいらっしゃると思います。余興でお悩みのときは是非私達に一度ご相談ください。映像を使った面白く、そして感動的な余興を演出いたします!!


0 コメント

2015年

11月

01日

スマフォからブログ投稿です٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

アプリ導入しました‼︎

ブログの更新がなかなかできていないと悩んでいたので、アプリを導入して、ブログの更新をどんどん出来るようにしていこうと思っています。


これからいろいろと情報を発信していきますので宜しくお願い致します。

2015年

11月

01日

余興の映像制作のお問い合わせありがとうございます!

先日から余興の映像制作をお悩みになられていたお客様より

再度お問い合わせを頂きました。

一生に一度の結婚式の余興だから

素敵なものにしたいっていうご友人の方も気持ちが伝わってきます。

余興の映像作りはよく「1週間後ですがだいじょうぶですか?」と

お問い合わせを頂きます。

素材があれば可能なケースが多いので
気軽にお問い合わせ下さいませ。


0 コメント

2015年

7月

14日

結婚式の映像を誰にお願いするかが非常に重要

こんにちは、エンドロール専門チームFocus-iです。

最近、よく加藤さんってなぜ営業しないんですか??


って、言われます。


それはホームページから集客が出来ているからですって

お伝えすると、


ホームページでもなんか

自分たちで映像を作れ!!って書いていますよね~!


そのせいで仕事が減っているんじゃないですか?


と聞かれました。


たしかにな!とも思いましたが

私たちがやっている仕事というのは映像制作ではないんです!


一緒に一度の結婚式に最高の演出をするお手伝いなんです。


私が起業した時に考えてキャッチは

感動のお手伝いでした。


感動のお手伝いをする上で

どういったことが出来るか?


その一つが映像を作ることです。


そしてもう一つがご自身で映像を作ってもらうことです。


時として、プロtが作るよりもご自身で作った方が良い作品になることがあります。

そういったことも私たちは伝えていく必要があるのです。


時間が無い、パソコンが出来ない方ならプロにお願いしたほうが良いでしょう!!


でも、パソコンも出来て、少しやりたいアイデアがあるのであれば

ご自身で作った方が100倍想いが伝わります。


そういったことをしっかりとお伝えした上で自社を選んで頂けた場合

私たちはプロにしかできない仕事かつ

その方たちにとってふさわしい演出をヒアリングしながら考えていきます。



これから結婚式をする方にちょっとでも

参考になればと業者に依頼するときにどういったことを

検討するとよいかを簡単ですがまとめましたので

参考にしてみて下さい。


結婚式には、写真で残す場合と、映像として残す場合2つあります。


それに、集合写真や、事前の前撮りなど、

その大事な晴れ姿を残す方法はたくさんあります。


その中で比較的映像は高額です。(笑)


自分が式を挙げるところにお願いすると

すごく高額でびっくりするときがあります。


式場が映像のプロではありませんから、専門の業者を頼むことになり、

式場もマージンを取るから高くなるのです。

映像として残したい場合は、どうしたらいいのでしょうか。


・それでもやっぱり式場を通して映像を頼む
結婚式の準備は想像以上に時間と手間がかかって、

式当日までに何度も結婚式場に通い内容を決めていくことになります。


それに加え、新居の準備、指輪、新婚旅行なども決めていかないといけません。

とにかく時間がないので忙しく、せっかくの楽しいことなのに、

バタバタ準備しなくてはなりません。


その中の準備で、映像の話が出てきます。


ドレス、披露宴の食事など、決めることがたくさんある中で、

映像の提案をされるのですが、まさしく流れ作業。


せっかくのことなのに何か矛盾を感じます。

ですがその時は式場を信頼しているので、映像も式場に頼むことになります。


式場はたくさんのオプションを組み合わせながら、内容を決めていくので、

そこで映像を頼むと、割引があったりして特典もあります。


トータルで式場にお願いするという格好になります。

・専門の業者に頼む
先述の通り、結婚式の準備にはたくさんの時間を要して、

次々決めていかないと先に進みません。


ですが、それぞれの場所で専門の業者がありますので、

ドレス、招待状などもその一つですが、映像も挙げられます。


式場にお願いすると、式場が提携している業者に必然的になるのですが、

その業者は本当に自分の結婚式に合うのでしょうか。


意外と直接専門の業者にお願いしたほうが自分の意志や希望が伝わりやすく、

安くできることもあります。


どこかわからない式場が提携している業者より、

自分で探して希望を伝えたほうが、納得した映像を残すことが出来るかもしれないです。

・友人や親せき頼む
身近の人がしていると一番楽です。

お願いもしやすいし、コミュニケーションも取りやすい。


ですが、こちらから頼む場合はある程度のお礼金も必要になってきます。


それなのに、素人がしたから上手にできなかったと後から洒落にならない事態に

なることもあるかもしれないです。


後からやり直しはききませんので、素人に頼む場合は、慎重にしましょう。

自分なりに映像を残したい場合は、撮ってもらう人を選んだ方がよいです。


それぞれメリットデメリットがあります。

ですが、結婚式は1回のことです。

しっかり打ち合わせをして納得したものを残していきたいですね。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

名古屋 愛知 岐阜を中心にエンドロール・ビデオ撮影を行う映像専門会社 

 

    Focus-iのエンドロールサンプルはこちら

 

    エンドロール・ビデオ撮影の格安料金表はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 


0 コメント

2015年

7月

07日

素敵な生い立ちムービーを作るコツ

こんにちは!
Focus-i 加藤です。


結婚式のシーズンもひと段落して自社でも

新しい映像の取り組みをどのようにしていこうか?と

いろいろ話し合いをしているところです。


次のシーズンには新しい商品が発表できるといいなと思っています。


最近の結婚式はでは
映像演出を見ない結婚式はほぼないです。

でも、見ていて素敵だなとおもうものと、そうでないものがあるのは事実です。
ここでは、素敵な映像を作るためのちょっとしたコツをお教えします。

生い立ちムービーはみなさん御存じのとおり、
新郎新婦の生い立ち、新郎新婦の出会いから結婚までを
盛り込んだムービーです。
流れとしては
新郎生い立ち→新婦生い立ち→新郎新婦の思い出という流れが一般的だと思います。
二人のここまでの人生がどのようなものだったのか、成長記録が分かるように、
まとめるのがコツです。

また、写真一枚当たりの表示時間なのですが、
最低でも四秒間は表示させるようにしましょう。
自分たちは見たことのある写真ばかりかもしれませんが、
お客様は初めてムービーを目にすることになるので、
あまり切り替えが早すぎると、
お客様が内容を理解することが難しくなってしまうからです。
生い立ちムービーだと、写真に説明文等をいれたりもしますから尚更です。
なので、たくさん使いたい写真があっても、ある程度は厳選してください。
その方がお客様にとって見やすいムービーが出来上がります。
説明文のフォントも、見づらい大きさは避けてくださいね。
入れる文章もあまり長くなり過ぎないようにしましょう。

生い立ちムービーに合わせる音楽なのですが、
写真の切りかわるタイミングと音のテンポが
あわせられると、見やすく感じます。
歩くくらいの速さのテンポ(速度記号でandante)の曲は
結構合わせやすくていいです。
でも、思い入れのある曲があるのであれば、
そちらを使っても大丈夫です。
使用する曲は、2曲を編集して使うと聞きやすいです。
例えば
新郎の生い立ち紹介で一曲、新婦の生い立ち紹介&新郎新婦の思い出紹介で一曲
といった感じです。
3つの場面でそれぞれ別の曲をつかってもいいのですが、そうすると曲自体が
結構短くなってしまって、編集しづらくなる傾向があるためです。

あとは、ムービーそのものの長さも重要です。
人によるとは思いますが、
ムービーを見ている人間の実感としては
5分以下だと短いと感じ、
10分以上あると長く感じる傾向があります。
このため、見ている人が面白く見られる時間がどのくらいかを考えると、
6~8分くらいに収めるのがベストでしょう。

ムービー自体は、スキルに自信がないのであれば、専門業者さんに頼んだらいいですし、
最近は簡単にムービーが作れるムービーメーカーも多くありますので、自分で作ってみたいのなら自作してもいいと思います。
どちらを選ぶかはみなさまの自由です。
しかしいずれにせよ、素敵なムービーを作るのに必要なコツがどんなものかは
把握しておくようにしましょう。

いかかでしょうか。
参考にしてみてくださいね。

0 コメント

2015年

7月

01日

参列者の私が嬉しかった結婚式の映像

こんにちは!
Focus-i 加藤です。


皆さんには何度もお伝えしていますが
結婚式の映像制作をする上で私たちは
参列者の皆様の声を非常に大切にしています。

それは式の空気を作るのは新郎新婦と参列者の皆様だからです。

時にはアンケートをとってどういった映像が好まれるかの

参考にさせて頂いています。


これから結婚式を挙げる方の参考になればと

参列者の方のアンケートを記載します。

多くの結婚式に参加されているAさんの声です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

結婚式には何度も招待されています。

どの結婚式も非常に凝った素晴らしい演出がされていて、どのお式もいつも感動します。
そんな感動好きな私が嬉しかった結婚式の映像があります。

先輩の結婚式ですが、映像がたくさん使われえたお式でした。
式の中盤で、お馴染みの生い立ちムービーが始まりました。
コメントなども入った、わかりやすく温かい雰囲気のムービーです。
幼少期から進み、学生時代になると参列者のご友人の紹介を兼ねての映像です。
そして社会人時代の映像には私がいました。
先輩と海外旅行へ何度も行くほど仲が良かったのですが、海外で仲良く写った写真を何枚も丁寧に映していただき
先輩の優しい目線で私を紹介してくれました。お礼の言葉もいただきました。
なんだかとても嬉しく感動してしまい、本当に幸せになってほしいと心から思いました。
そして、これからも末永くお付き合いしたいと思いました。
先輩ご夫婦は、参列者の皆さんをとても大切にされている印象を受けました。
参列者の方々それぞれがこのように紹介され、ご自身の紹介の時は皆さん目頭が熱くなったでしょう。
一人一人にと考えるとさぞかし長い映像ではないかとお思いでしょうが、長さは全く感じませんでした。
素敵な写真ばかりで、むしろもっと観ていたいと思えるものでした。
映像からお世話になった人々に「ありがとう」を伝える。
今までに経験したことがない素敵な演出だと思いました。

エンドロールにも工夫がありました。
式場に到着して受付を済ませると、カメラマン方に「お写真1枚撮らせていただいてよろしですか?」と声をかけられました。
不思議に思いながらも、笑顔で撮影していただきました。
この写真がエンドロールに使われるとは知らずに。
もう少しよそ行きの顔をすれば良かったなどと思いましたが、これが自然体の私だから仕方ないでしょう。
お式が終わりに近づくと、エンドロールが流れました。
「ありがとう」の文字と共に、参列者の写真が順番に流れました。
「新郎新婦に一言」とビデオカメラが参列者に回ってくることはありますが、こんな風に参列者へのお礼映像のための写真撮影をしたのは
初めてでした。
気恥ずかしさもありますが、先輩の結婚式の参列者に対する気配りが素晴らしすぎて、私にとってはスペシャルな結婚式となりました。

結婚式の映像は結婚式を華やかにするだけでなく、新郎新婦の人柄や温かさをあらわす素敵な演出だと思いました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


本当ささいなことに気を配るだけで参列者の方に

非常に喜んで頂くことが可能になります。


ちょっとした気配りで日本人が持っているおもてなしをしてみてください。


二人にとって最高の結婚式になると思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

名古屋 愛知 岐阜を中心にエンドロール・ビデオ撮影を行う映像専門会社 

 

    Focus-iのエンドロールサンプルはこちら

 

    エンドロール・ビデオ撮影の格安料金表はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

0 コメント

2015年

6月

29日

感動する生い立ちムービーを作りあげる6つの写真

結婚式の生い立ちムービーを手作りする人も業者に頼む人も、なかなか時間がかかり考えてしまうのが、写真選びです。せっかく結婚式で流すなら感動的なムービーを作りたいですよね。そこで、この6つの写真を入れれば感動的なムービーが簡単に作れるので、ご紹介したいと思います。

1. 自分の生まれた瞬間の写真
自分の生い立ちですから、まずは生まれたところからスタートしましょう。そこで使うのに最適な写真は生まれたあなたを抱いている両親も一緒に写っているとムービーが流れた時に両親がフッと出産した日のことを思い出してくれます。また若いころの両親が画面に映し出されるのも親戚からは反響があっていいです。コメントは生まれた生年月日と時間を入れましょう。

2. 1歳までの写真
まだ歩くこともできない1歳くらいまでのかわいい写真を何枚か厳選しましょう。現在どんな姿でも赤ちゃんの頃の写真には友人からの反響はとてもいいですし、両親や親戚からは懐かしく思い出されるので、感動を誘います。

3. 歩いたころの写真
1歳前後の歩き始めたヨチヨチと歩く姿はとてもかわいいものです。またそういった写真に両親が手を貸しているような風景があれば、しっかり手をかけて育ててもらったんだな、という親子の絆が連想され、感動につながります。

4. 小学生の笑顔のある写真
しっかり成長し、元気な姿がよく映し出される写真が小学生くらいです。運動会や遠足など、楽しそうに過ごしている様子や友人たちと一緒に写っている写真があるといいですね。コメントでどんな行事の写真でその日どんな出来事があったのかなどを加えると写真が動画のように感じることができます。

5. 集合写真
家族の集合写真を加えましょう。行事ごとに撮っている家族もあればあまり家族で集合写真を撮らないというような人もいるでしょうが、家族全員が写っている写真というのは他のスナップ写真とは一味違い思い出がよがえってくるものです。そして、結婚式に参列する人たちをできるだけ全員映したいものですが、意外と遠縁の親戚の写真を見つけるのは困難です。そういった時にも集合写真は使えます。

6. 最近の両親との写真
そして忘れてはいけないのが最近撮った両親との写真です。大人になると両親と写真を撮るという機会も減りますが、なけれな無理にでも撮っておきましょう。その写真のコメントに必ず感謝の気持ちを綴ってください。すると、言葉にはできないことも写真が現在の姿であることから、まるで娘(息子)が直接伝えているかのようなメッセージとなります。


この6つの場面の写真を参考にして入れていけば写真選びも簡単ですね。素敵な生い立ちムービーを作り上げてください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

名古屋 愛知 岐阜を中心にエンドロール・ビデオ撮影を行う映像専門会社 

 

    Focus-iのエンドロールサンプルはこちら

 

    エンドロール・ビデオ撮影の格安料金表はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

0 コメント

2015年

6月

23日

出席者を最後まで飽きさせない結婚式映像の作り方 撮影編・編集編

まずは、撮影技術編。

カメラの撮影時にパン(縦横、上下に振り回して撮影すること)はゆっくりと行うべし!!


極力、
フィックス(固定画面)を中心とする。パンが多いと内容をしっかり伝えることができず、

初心者の方は特に手振れに注意して下さい。

見ている者をイライラさせるばかりである。

 

同様にズームイン、ズームアウトも必要な時だけにとどめるようにしましょう!
なるべく画面は固定することを意識して下さい。

 

パンやズームは、ビデオ素人がはまってしまう便利なものだが、

逆に完成度を下げてしまうことがあるので注意が必要です。

 

フィックス映像は映画の基本でもある。


 以上、結婚式の映像はこれだけでも、見てわかりやすい映像になるはずである。 
 

次に、映像の中に古い写真や昔のビデオをインサートする場合である。映像の編集機にゲインの調節ボタンが付いていたら、それのゲイン度数を上げてインサートすると古い画面も驚くほど鮮明な映像になる。これもテクニックのひとつである。今はほとんどの編集機にゲイン調整が付いていると思うが、使い方がわからない人が多い。


 逆に、あえて古さを強調したい時は、いわゆる昭和ロマンの雰囲気を出してくれるソフトがあるのでそれを使用すると効果的である。

次に編集編。
これは個人のセンスの問題だから、映像編集の方法論にも好みが入って来ます。

 

ここでは、複雑なことは避けて、感動の映像にするための基本だけ紹介していきたいと思います。


 結婚式の映像でもドラマでもドキュメンタリーでも、最初と最後を工夫された映像でしっかりと押さえておけば、全体の映像への感動、好感度にもつながります。

 

具体的に言うと、

結婚式の映像なら、最初の20秒間は新郎新婦の映像を出さないことだ。
 

入り方にはいろいろあるが、たとえば、新郎が暮らしていた実家のネコの映像から入って、そのネコにセリフをつけてみたらどうだろう。
 縁側で寝ているネコの映像に、
「健太(新郎の仮の名)が結婚するんだって・・・。あいつ、結婚するならおまえのようなネコがいいなんて言いやがっただぜ。

 

 そして、佐和(新婦の仮の名)さんと結婚が決まった時なんて、あんなステキな女性女と結婚できるなんて、オレは幸せだよだってさ。

 

「ネコに言っても返事できないのに・・・健太、幸せになんなよ!」 のようなセリフを入

れて、会場の笑いを取れば、それだけで感動的な映像として記憶に残るだろう。

 あるいはネコではなくて、ワイドショー的手法もある。


 最初に、新郎新婦が住んでいた街に出かけ、街の声を冒頭に入れる手法である。
 たとえば、クリーニング屋のおばさんなら
 「ええ!!あの人、とうとう結婚するの。3日に一度、ワイシャツをクリーニングに出してくれたけど、もし奥さんの洗濯がダメなら持っておいで、サービスしておくよ」のような映像を入れる。

 

 その後は、お決まりの新郎新婦の過去映像でつなげても、映像への注目度は最後まで続くだろう。

 

 結論として、最初の20秒が非常に重要なのです。

新郎新婦の映像を入れないで「おもしろい遊び」を入れるということです。

 

発送は自由なんでいろいろと試してみて下さい。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

名古屋 愛知 岐阜を中心にエンドロール・ビデオ撮影を行う映像専門会社 

 

    Focus-iのエンドロールサンプルはこちら

 

    エンドロール・ビデオ撮影の格安料金表はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 


0 コメント

2015年

6月

17日

結婚式で流すムービーで参列者に嬉しい演出3選

エンドロール専門制作チーム Focus-i 加藤です。

今回はエンドロールや生い立ちムービーでちょっとしたことで
列席者に喜んで頂けるポイントをご紹介したいと思います。


1.エンドロールで、参列者名簿とともに一言添えられている

披露宴のエンドロールでメジャーなものの中に、

 

「式の様子を編集したものを流し、そこに参列者の名前を連ねる」

というものがあります。

 

参列者の紹介という意味なら席次表があるので、

せっかくエンドロールを作るならただ名前を流すだけでは面白味がありません。

 

そこにはぜひ、一人に一言ずつ感謝の気持ちを添えましょう。

 

一人一言が難しければ、グループ毎に対するコメントでもOKです。

小さな気遣いでもとても嬉しいですし出席して良かったと心から思えますよね。

 

わざわざ新郎新婦2人のために時間を割いてお祝いに来てくださった皆様に、

少しでも多く楽しんでもらえるよう工夫できたらこんなに素敵なことはありません。

 

きっとこれから先の結婚生活に躓いたときも、

嬉しいことが起きたときも、一緒に泣き笑いしてくれる味方となってくれるでしょう。

2.生い立ちムービーに参列者がたくさん出演している
生い立ちムービーは主に写真のスライドショーなようなものになるかと思います。
見てもらう人のことを考えると、

参列予定の方たちと一緒に撮ったものを多く使ったほうが盛り上がります。

 

小さい頃の写真はあれば親戚の方が映ったものを何枚か入れましょう。

 

学生時代のものはもちろん参列予定のお友達が映ったものを中心に、

会社の方が映った現在の写真もぜひ用意しましょう。

 

もちろんソロの写真や2人の
ツーショットも大切です。

 

割合としては参列者が映っている写真:ソロもしくはツーショット=6:4or7:3くらいが

妥当でしょう。

 

参加した式で予期せぬ自分の若いころの写真が出てきたら、

恥ずかしさもありますがそれ以上に懐かしさが込み上げてきますよね。

さらにその写真を大切に持っていてくれたことに嬉しさも覚えます。

3.両親への手紙をムービーにする
両親への手紙といえば欠かせない大事なイベントです。

ただ最近では、お涙ちょうだいの演出に苦手意識があったり、

直接読み上げるのが恥ずかしいといった声があがり、

カットされることもしばしばです。

 

ただ、式場側としてはやっぱり大きな見せ場ですし、

雰囲気がぐっと締まり式全体を通してメリハリをつけられるので

ぜひ演出に加えてほしいものです。

 

ですが嫌なものを無理強いするつもりはまったくありません。

 

ここではお手紙を読み上げることに対する代替案として、

ムービーを取り入れることをオススメします。

 

それこそ写真のスライドショーでもかまいません。

 

両親との思い出の写真を流し、字幕で両親へのメッセージをつけます。

 

読んでもらわないといけないので、文字の大きさや流すスピードなどを

少し慎重に配慮しなければなりませんが、BGMによっては明るい雰囲気にもできますし、

 

朗読もしなくていいので苦手な方にはぴったりではないでしょうか。

 

参列者からしても、涙で聞き取りにくい手紙の朗読より、自分のペースで読めるムービータイプの方が内容が伝わりやすい場合もあります。

以上、参列者へのおもてなしを中心に考えたムービーの作り方です。

 

参考にしていただければ幸いです。素敵なお式になるようお祈りしています!




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

名古屋 愛知 岐阜を中心にエンドロール・ビデオ撮影を行う映像専門会社 

 

    Focus-iのエンドロールサンプルはこちら

 

    エンドロール・ビデオ撮影の格安料金表はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

 

↓↓↓↓生い立ちムービーの作り方を無料案内しています↓↓↓↓

0 コメント

2015年

6月

08日

結婚式の映像の記録は本当に必要か?と考えてみる

こんにちは!
エンドロール撮影専門チームFocus-i 加藤です。

今回は結婚式の映像制作について考えてみました。
プロとしてどういったことがお客様に必要とされるかについてです。

結婚式は多くの人は一生に一度のことで、

大切な思い出の1ページです。

 

これからの新たな結婚生活に向けて最初の第一歩と言えます。

準備、打ち合わせに多くの時間を費やし、

こだわりの一面を持つことも多く、

参列者が多ければ多いほど高額になります。

 

当日は本人たちは、いろいろ忙しいことが多く、

その記録としてプロにお願いしても良いと思います。

特にエンドロールはプロでも非常に難しいものになりますので
当日の臨場感、感動を残しておきたい方はプロにお願いすることをお勧めします。

ただ、記録撮影に関しては

皆さんの状況に応じて考えていいのではないかと思います。


結婚式に思い入れのある人・・・・


結婚式は特に女性に思い入れのある人が多いです。

招待状、ケーキ、会場、式など、デザインにこだわりを持っているひとも多いです。

 

写真だけだと、全体がわからなかったり、撮り逃しもあるかもしれないです。

一生に一度のことなどで、失敗は許されません。

そういった場合はプロにお願いして、映像を残しておくといいです。

写真とは違った、動きのある映像は後から見返しても、印象深いものになります。


参列者の多い人・・・・


参列者が多いと、式当日何をしていたか、把握することが出来ません。

あとで映像を見返すと、こんなことがあったのね、

とわかることができます。

 

写真もすべての人が記録に残せるわけではありません。

映像として、それが記録に残っていたら、

参列者みんなで後から見返しても楽しいかも知れません。

 

こんな数の自分たちの関係者を集める機会はなかなかありませんので、

映像として記念に残しておくのも良いです。


映像を撮るの得意の人、趣味の人はいなかったか?・・・・


結婚式には普段あまり会うことがない、親戚のおじさんなど現れます。

 

また、知り合いの中にも意外に映像を撮るのが好きな人がいるものです。

そういったことをやりたい!という人もいるかもしれないことをよく考えましょう。

 

そこまで映像にこだわりがない人も、あったらいいなと思っている人は、

身近な人にお願いしてみるのも一つの手です。

 

ですが、プロではないので、映像の保証が出来ないことが、不安なことでしょうか。


映像は写真より、その時の雰囲気がわかり、記憶に残るものです。

 

ふと思い出して見返したくなるときは、必ず映像の方がよいでしょう。

 

結婚生活をしばらくつづけたあと、

初心に返る意味で映像を見返してみても楽しいですよ。


(※実際、私が先日式を挙げてみて思いました。

記録撮影は見返すと初心に返れると思いました!
ですので、映像に残しておくことは非常に重要なことだと思います。)

ですので、皆さんには映像の記録で残しておくことをお勧めします。
ただ、状況に合わせてプロにお願いするのか?

知り合いにお願いするのか?

 

いろいろ検討して頂くことが良いのではないかと思います。

 

私たちは皆さんの要望に合わせて映像を作っていければ

考えています。

列席者の声を重点的に残したいのか?

自分たちのこだわりのケーキや招待状を記録に残したいのか?

 

映像に残しておくことで


こだわりのケーキを作るまでに二人で行ったことや、招待状を作るために招待状の素材まで

こだわって捜し歩いたことまで一緒に思い出すことが出来ます。

 


結婚式の節目を記録に残すことで、

その前後の二人の思い出を思い出すことできます。



一生に一度のことだからこそ記録に残してくださいね

 

0 コメント

2015年

6月

01日

愛知県 名古屋市 THE NANZAN HOUSE エンドロール

focus-i カメラマン 加藤健太です。


結婚式シーズン慌しく過ごしております。嬉しい限りです。



先週、名古屋市 昭和区 にあります、THE NANZAN HOUSE に行ってまいりました!



住宅街にある、オシャレな式場さん。ちょっと異国な雰囲気もあったりでご列席のご友人やご家族は素敵なお時間を過ごせ


たんではないでしょうか!




今回は、エンドロール撮影編集なし記録プラン披露宴)のご注文いただきました。


1月に僕自身がお打ち合わせに伺ったお客様で、””エンドロールもやりたいし記録もやりたい” とおっしゃってみえたので


すが、式場さん提携の業者さんだと結構な金額になってしまうと相談を受けていました。


せっかくの結婚式ですので、なんとか両方やっていただきたいとの思いから、通常の記録撮影より金額的には魅力的な編集


なしプランをご提案させて頂きました。


その後、お二人で大変悩まれたそうですが、他業者とも比較して頂いた結果、当社を選んでいただけて嬉しく思います。





特に記録ビデオは、業者間での品質に極端に差はなくて、(一般のかたの目では差がわかりにくい


業者間の金額の違いは、サービス・おまけ内容の違いが一番だと思います。たとえば、編集アリナシ、2カメ3カメ、何か


しらの特典がついてくるのかどうかetc


そういうところに目をくばりながら金額とサービス内容・おまけを比べて業者を選ぶことをオススメします。




今回の式は、大変アットホームな雰囲気で過去一番に新郎・新婦様とお客様の距離が近かったように思いました!


っていうのも、


高砂にテーブルがなくてソファのみ!乾杯はお客様の中心に移動しての乾杯!どれをとってもアットホームさがにじみ出て


いました。




さらに、

カメラマンや式場スタッフ用にロゼットまでご用意くださいました。


僕自身、エンドロールのロールに名前をだして頂くことはありましたが、ロゼットつくって貰ったのは初めてでした。


これには、大変感動しましたありがとうございました。ロゼット大切にします^^



お客様と業者ではありますが、それ以上の関係を築けたような気がした撮影でした。本当にありがとうございました。




0 コメント

2015年

5月

26日

手作りムービーには、たくさんの出席者を入れて盛り上げよう!

こんにちは!

Focus-i 加藤です。

生い立ちムービーを自分で作りたいという方が

最近、多くいらっしゃいますよね!?

私たちも皆さんがご自身で生い立ちムービーをお作り

頂けるように自作出来る生い立ちムービーのサイトを

制作しました。

自分たちで生い立ちムービーを作る方法!

~無料のソフトを使って自作する方法~

詳しくはこちら

また、自作するときに注意して頂きたい点を
列席者のご意見から参考にして頂けると

良いと思います。


私たちもいつも新郎・新婦と列席者の声に耳を傾けて

映像制作を進めています。

皆さんも列席者目線で生い立ちムービーを制作してみて下さい。

******30歳男性の貴重なご意見**********

わたくしが友人の結婚式にて

プロフィールムービーについて思った点は、
新郎・新婦・2人の紹介の基本的なムービーの流れにはなっておりましたが、

随所随所に結婚式参列者たちが写っており大変楽しめてみれました。
ほかの友人の結婚式などは、

本人たちしかあまり出てこなく、

進行の1部のような感じがしてあまり印象に残らなかったです。


人それぞれ好みは分かれるとは思いますが、

良い印象の友人の映像は、友人関係が多く出席しており皆、

披露宴時点では結構お酒がまわっており
映像を見ながら昔の自分たちや友人の両親などでそれぞれ盛り上がる事ができました。


また、ふと客観的に新郎・新婦を見ても

わいわいしている出席者を見て大変楽しまれていたと感じる事が出来ました。



後日、新郎と話した所、当日式終了後に式場スタッフに

映像など大変アットホームな式で

微笑ましかったとおっしゃってくれたとの事でした。


同時に昔の写真は、

大人になっていっぱいとっておいた方が良いという事が分かりました。

またわたくし本人も今年4月下旬に結婚式を行い、

ムービー関係は業者に依頼するか手作りか悩んでおり
総合的に自分たちで作成しました。
式場の業者の作成プランを確認した所、

3万~15万ほどの幅がありサンプル映像も確認しましたが、
自分たちで作成してもあまり変わらないのではとの意見や
式全体で金額がかかる為に少しでも削れる所は削り

その分料理の金額を上げる事を考慮し手作りで決めました。

手作りにて参考にしたのは、

やはりインターネットでおもにyoutubeでした。
無料の動画作成ソフトを使用し、

仕事が終わって帰宅後に行い、

およそ1週間でBGM・写真・コメントと完了しました。



やはり、結婚式の雰囲気はアットホームな感じを目指していた為、

前の友人の映像が大変参考になりました。


友人たちは、映像に昔の自分たちが出ていた事もあり、

友人代表スピーチにもその内容の会話を取り入れてうまく笑いに変えておりました。



また、式終了後にもビデオで映像を流している時の出席者を確認しましたが、

とても笑顔が素敵で思い出に残る結婚式になりました。

業者に作成依頼するでも、

手作りでもやはり自分達が作りたい雰囲気の式・披露宴を想像して

それにあった映像を作る事が重要だと
主体的にも、客観的にもそれぞれの立場・角度から見てつくづく思いました。



たくさんの出席者の過去の映像を集めるのも一苦労しますが、

その分懐かしい感情に浸れとても和やかになると思いますので
ぜひ、いれてみてはいかがでしょうか??


****************************************


如何でしたか??


非常に参考になるご意見では無いでしょうか??


生い立ちムービーが与える影響というのは非常に大きなものですよね?


式の雰囲気も変えてしまいます。


ぜひみなさんも生い立ちムービーを頑張って

作ってみて下さい。

私たちの生い立ちムービーも良かったら参考にして下さいね!



0 コメント

2015年

5月

19日

自己満足で終わってない?生い立ちムービーにはハート♡を込めて!

こんにちは!
Focus-i の加藤です。

最近、生い立ちムービーに関するお問い合わせを頂きますので
私たちの生い立ちムービーの作り方、考え方について

お伝えさせて頂きます。

正直、他の映像制作会社さまとは異なった考え方をしています。

結婚式でよく流れる生い立ちムービーは、

大抵は新郎新婦の写真を中心として、

単純に生まれた時から現在までを追ったもので

構成されている場合が殆どかもしれません。


が、そうした映像の中に、

列席者の存在をどれだけ取り入れているかは、

出来栄えを大きく左右するものとなります。


ここでいう「出来栄え」とは、映像の技術的クオリティのことではありません。


列席者全員にも、

結婚式に参加している意義を感じ取ってもらえるものであるかどうか、
また、新郎新婦の出会いの中で列席者がどのような位置付けであるかを

再認識してもらうという意味での、クオリティです。

生い立ちムービーが、

新郎新婦の顔や体の成長していく様を見せるだけのものでは何とも味気ないです。


列席者の方々との出会いは、

新郎新婦同士の出会いと同じ位かけがえのない「奇跡」であった、

ということをきちんと伝えるものにするために


例えば列席者自身の写真も漏れなく挿入するように心がければ、

式に参加している各人はやはり嬉しくなるものです。


また、結婚式というある意味特殊な集まりの中で、

列席者同士の面識が無いような場合でも
「あの映像で高校時代の写真にも新婦と一緒に出ていた者です」などど言えば、
同席した者同士でビジュアル共有が出来ている上なので

コミュニケーションが円滑になりますし、


何よりも映像を目にしている各人が、


「あっ!私だ!」


と関心を示してくれる瞬間があるので
会場が大いに盛り上がるきっかけともなります。

結婚式は、新郎新婦やその両親のみが感動して終わりではなく、
やはり列席者全員にきちんと出会いの感謝を

伝える場でもあるべきではないでしょうか。


映像を作る際にオリジナルのものにしたい、

格好良いものにしたい等、色々希望はあると思いますが、
奇抜なことを狙う前にまずは


列席の皆様への「ありがとう」の気持ちが


きちんと伝わるものになっているかどうか、


今一度基本の「ハート」の部分を注意してみてはいかがでしょうか。


私たちは結婚式を行う意義に合わせて

生い立ちムービーを制作しています。



0 コメント